最近のスケッチ

学生のときには、
スケッチが下手だし、
好きではありませんでした。

今は、仕事柄もあり、
スケッチを描く必要に迫られておりまして。

そのことに
だんだんと、
抵抗がなくなってまいりました。

もちろん、
相変わらず上手くありませんが、
自分の考えやお客様のアイディアを
まとめる時、この技術を活用しています。

建築図面は、正確である必要が
あり、すこし気難しく見えます。

ですが、
スケッチは自由です。

 

 

 

 

あくまで、ニュアンスや、
雰囲気といった「やわらかい」
想いのようなものを伝えられます。

これは、図面ではなかなかできない
スケッチならではの表現だと感じています。

 

 

また「手で書いている」ということも、
訴求に一役買っている気がします。

ワープロで書いた手紙より、
直筆の方が、雰囲気が伝わるのに、
似ている気がします。

パソコンできれいに描かれたものにも、
目的がありますが、
時に手書きの良さを振り返ることも
大切なような気がしています。

 

 

これからの休日に、
時にはゆっくりと、
久しぶりにスケッチを楽しむ、
なんて過ごし方も素敵だと思います。