理想と現実

映画はいいなぁ。
そう思うんです。

 

数分でいい。

 

ほんのささやかな、
小さな作品でいいので、
映画を撮ろう。

そう思っているけど、
いざ、自分ごととなると、
発想の陳腐さに落胆します。

 

 

ここは焦らず。
学ぶは真似るといいます。

なにか、参考になるもの…と思い、
YOUTUBEをさらっていて、
見つけました。

見るたびにグッときます。

ほんの一分の動画(CM)です。
それでもこの訴求力。

 

 

 

 

映画はいいなぁ。
映像はいいなぁ。

しみじみそう思います。

長塚京三さんの「おとうさんにも…。」に
しびれます。

 

 

建築と映画には、
仕事の構造が似ていると思います。

そして、感動できる場面もシンパシーを
感じています。

どちらも、
仕事にしたいなぁと。

今年の秋は、
創作の季節としたいものです。