家を建てる。映画をつくる。(札幌の家づくり。段取り)

ディレクターの慈英です。

このところの札幌。
すごく暑いんです。

もはや日本ではなく、
タイやフィリピンなどの南国を思い出すような、
そんなじっとりと湿度の高い感じ。

そして、夜になっても気温が落ちない!

噂で、20年後の札幌は、
現在の名古屋と同じ気候になるって話。

本当なんじゃないかな?って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで。
ナツに聞きたい曲ってありませんか?

この季節だからこそ、
この音楽が聴きたい。

また、このアーティストは、
やはりナツ。といった具合です。

富田ラボさん、
ノーラ・リーブスさん。
そして大御所「山下達郎さん」とか。

ケツメイシさんの「よる☆かぜ」は、
ボクが夏の横須賀にいたころ、
よく聴きました。なつかしいなぁ。

あとは、ラップも夏のイメージですね。

個人的にはわかりやすいラップが正しい、
と思っているので、
日本のZeebraさんや、
ウィル・スミスさんなんて最高ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画はどうでしょう?

夏に観たくなる映画。
夏を題材にした映画。

皆様にもそんな作品ありませんか?

そこで、ボクが思う夏映画を
三本、ご紹介します。

今回はあえてサーフィンやアニメ、
よく納涼で扱われる、
ちょっと怖い映画は除きました。

 

 

 

 

 

 

1) 真夏の方程式

正直、これまでの福山雅治さんの映画は
あまり得意ではありませんでした。

演出が過剰な気がしまして。m(__)m

ただ、この作品は素晴らしいです。

なんといっても、
夏の空がきれいに撮れており、
ガリレオのシリーズではありますが、
いつもの決め台詞が封印され、
ちょっと毛色の変わった作品となっています。

そのあたりも良かったのです。

 

 

 

そして、次の作品は実話ベース。
2)遠い空の向こうに

 

原題はオクトーバー・スカイ。

なので、秋の話です。

それでも、少年の冒険がさわやかに描かれており、
そこは夏にも良いと考えました。

 

 

 

夏といえば冒険。
冒険といえば少年。
そして、
ボクはすっかり中年…m(__)m

 

 

 

ジェイク・ジレンホールは好きな俳優の一人です。
この作品は約20年前のもので、彼も若い!

先生役のローラ・ダーン。
彼女が素晴らしくて。

アメリカの利発な女性がぴったりで、
劇中では理解ある教師役で
素晴らしい演技を見せてくれてます。

ご家族そろってみていただける作品です。

 

 

 

 

最後は、
3)しゃべれどもしゃべれども

「ほおずき市」の場面があります。
そこがすばらしくて。

さわやかな国文太一さんと香里奈さん。
素敵な二人だったんですよ。

ちなみに、
ボクはこの映画の影響で、
夏の浅草に出かけたものです。

 

 

 

 

ありゃ。

映画と建築の製作プロセスが似ている、
という趣旨の記事にしたかったのに、
今回、まったく仕事の話ができなかった。
(゜-゜)

また、次回に書きます。

すみませんです。

それくらい…暑いんです。

 

 

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

m(__)m